『人狼標本』メビウスプロジェクト(T.King)のコンテンツである人狼クローン(亜種)『ひぐらし人狼』および『メビウス人狼』の回顧というかリプレイというか、改めて過去ログを読んでみて「ああ、そういえばこのときこんなことを考えていたなぁ」と懐かしんだ記録です。

ほとんど解説なしでぶっとばしていますが、そのうち解説ページも移転するかもしれません。

人狼とは?

人狼』とは海外の対話型ゲーム『汝は人狼なりや?』およびそれを元とした『人狼BBS』を皮切りとした数々の対話型推理ゲーム(人狼クローン)、そしてそのゲームにおいてプレイヤーの割り振られる役割である人狼を指します。

人狼クローンのおおよそのルールはほとんど同じで、村人勢力と人狼勢力に分かれ、投票によって一ターン(たいていの場合一日と表現されます)に一度プレイヤー一人を脱落させていき、村人勢力は人狼の殲滅を、人狼勢力は一ターンに一度村人を一人脱落させながら投票による脱落を回避し、村人の減少を狙います。

人狼というゲームで特徴的なのは、常に誰しもが疑われる立場にあるという点です。人狼は村人勢力に人狼であることがばれないように村人を脱落させていく必要があるので、疑われるのは当然ですが、本来人狼を殲滅する立場であるはずの村人も、同じ村人に疑われることになります。これは村人同士がお互いが確実に村人であり、人狼ではないと確認するすべがないから(厳密には一定のルールに基づいてある対象を人狼なのか村人なのか確認できる能力者というものも存在します)です。
つまりいかに推理能力に長けていようとも、対話によって村人に『自分が村人である』ということを信じてもらわなければ勝利はできないのです。
同様に人狼も、単に作戦に長けているだけではなく、対話によって自身を『人狼ではなく村人である』と信じさせることが不可欠です。

ひぐらし人狼/メビウス人狼とは?

非常に特殊なルールの人狼クローンです。現在はサーバー移転/ヴァージョンアップのために休止中です。

人狼標本(話数(時間単位/開始・締め切り時刻)参入キャラクタ(職業)/人鬼


1486話(短期/2200開始)葛西(警備)/人
 
Toggle Footer