ラストクロニクルというTCG(デジタルなのでアナログ)をやっているのですが(ほぼフレーバー勢ですが)、向こうで《フェンリル》が来てわーいうれしーです。


(画像はSigsさんの→Chronicle Notesより)

 その勢いで昨今はメインだったイズモではなく、アスガルドを使っておりました。


 というわけで(*1)今回はトリニティ。


*1) 心で感じるべし。


 トリニティといえばランプですが、ランパンしてでかいの出して、というのはあまりやりたいとは思わない。もっとこう、相手を邪魔しながらドヤ顔でテンポ良く殴っていくかんじのが――と考えていたときにトリニティのほかの特徴としてキー能力の『鉄壁X』を活用することを思いつく。まぁ『鉄壁』まわりいまバグっているのですが(*2)、ミッションがトリニティなので仕方がないではないかと言い訳しつつ。


*2) 既にダメージDを受けている『鉄壁X』持ちのA/Tのユニットのゲーム上での表示はA/T-D。このタフネスがtだけ変動すると本来はA/T-D+tになるはずだが、なぜかA/T-D+t+Xとなっており、(おそらく)『鉄壁X』のXぶんがタフネス変動時に既存のダメージに影響してしまっている。バグ自体は公式告知済み。


 前回はアスガルドで〈酸溜まり〉を利用して軽いダメージを受けたユニットを生成、それを回復することで回復時に誘発するユニットの効果を使用、という動きだったわけですが、今回はその逆で、鉄壁持ちなら軽いダメージを受けないことでデメリットを帳消ししながら殴ることに。

 というわけでこんなかんじ。


 ランプではなくミッドレンジなので、ガーディアンはガブリエルではなくミカエル。またマナ加速は《カラドリウス》だけと最小限。
 鉄壁持ちは、

  • 《ロードスの門衛》2/0/3、鉄壁1
  • 《聖堂領の格闘教官》3/2/2、鉄壁1
  • 《ジェノヴァの弩弓兵》4/3/2、鉄壁1、草原で+1/+0
  • 《ロードスの聖騎士》6/3/4、鉄壁1、護衛

を2積みで採用。《ジェノヴァの弩弓兵》は地形シナジーがあるけど、トリニティは地形効果が弱すぎるのでそれは忘れることに。


『鉄壁』持ちはほかにニュートラルの《サンダーバード》もいますが、トリニティの場合だと《聖堂領の格闘教官》の下位互換なので除外。
 また生成できるトークンとして、

  • 《熾天使 セラフ》
  • 《ロードスの聖堂騎士》

などがありますが、このあたりは生成方法が面倒くさいので除外。

 で、それを引き立てるのが自傷ユニット。こちらは、

  • 《魔蝸牛 デーモンスネイル》
  • 《小魔 インプ》
  • 《影術師 マリヘフ》

を採用。


《デーモンスネイル》は生成した〈酸溜まり〉を問題とせず《インプ》は味方にダメージが来ても無効化という具合。
 大きいのが《マリヘフ》で、なんとノーデメリットで毎ターン+1/+0できる――アレ微妙かコレ? あ、あれ? いやまぁ、うん、きっと強いはずだ。うん。
 味方に悪影響を及ぼす可能性があるのは他に《ウルモルの喧嘩師》もいるのだけれども、3点だと《ロードスの門衛》と《ロードスの聖騎士》以外は生き残れないので除外。

 ついに完成してしまった鉄壁トリニティ。トリニティといえばランプという常識を打ち破るこのデッキ、これで新たに始まったイベント戦〈魔導書の決闘〉を制す――あ、なんかもう駄目そうな気がしてきたぞ! 予知能力身についてきた! トリニティすごい! わふー! 3戦!


VS. オリンポスウィニー(ハデス) 先×
 4マナスタートかよ! なぜだ。いやまぁそれだけ魔法使わせたいんだろうけど。
 耐えようと思ってたら行変化で相手の前衛に4/4が2体並んで負け。

VS. オリンポスウィニー(ハデス) 先〇
 またか。
 鉄壁でズンドコやってたら相手の起死回生の変化が《ウルモルの勢子》で勝ち。

VS. オリンポスウィニー(ハデス) 後×
 ま(略)
《小魔 インプ》が1/2外して変化も3回外して負け。

 1-2


 いやまぁだいたいあんまり勝てないだろうな、というのは予想できてはいたんですが、まさか4マナスタートだとは思っていなかった。これは専用デッキ組まないといかんな。

 デッキ自体は、まぁアリといえばアリだけど、現状だとちょっとプールが足りない気がする。鉄壁+護衛の《ロードスの聖騎士》が強いので、鉄壁+護衛が増えれば悪くない気がする。

 拡張弾の情報が公開されましたが、《死天使 サリエル》はランプではなくミッドレンジのこのデッキと相性は悪くない。


 現状はあんまり踏み台になるユニットが入っていませんが、もうちょっとビート寄りに寄せてPIGでカード引けたりするカードを入れられれば運用できそう。羽生えてる綺麗なおねえちゃんは好きなので、ぜひ使ってみたいところです。


0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer