ロックなデッキを目指したく。



これまでのデッキ
C:→メデューサヴァンパイア
B:→フリーズエルフ
A0~A1:→デス泉ドラゴン
A2:→氷獄おじさん


 陽光でもエイラでも回復メインでもない力比べイージス。

 個人的な感覚として、エイラ+イージスはわりと何やりたいのかよくわからんという印象。イージスに関しては、エイラでサイズ上げるメリットが薄い。小型フォロワーをエイラでパンプして相手に処理をさせるという方法で時間を稼ぐことはできないでもないけど、それなら素直に陽光使っておいたほうが良いような。
 陽光と回復はもっと素直で、正直言って安定していると感じます。

 しかし人生はロック。そしてもっとロックに生きるために必要なのは《力比べ》、そして《祈りの集約》。


 このデッキはおしゃれポイントである《祈りの集約》の能力を(たぶんこれまでの人生で使ったことがあるひとは少ないので)おさらいすると、6マナのカウント4アミュレットで、ターン終了時に現在のカウント値と同じコストであるカウントダウン持ちのアミュレットをコスト踏み倒しで配置するという主役になりうる能力(集約だけに)。
 つまり4→3→2→1のコストのカウントダウンアミュレットをターン毎に配置するというテキストなのですが、このデッキの場合、3マナのカウントダウンアミュレットは《力比べ》しか入っていないため、《祈りの集約》を配置した次のターンのカウントダウン3で《力比べ》を確定サーチできるようになっています。

 これの何が嬉しいかというと、

  • 《力比べ》をサーチできる
  • 《力比べ》と《ヘヴンリーイージス》を同時に配置することができる

という2点。

 ひとつ目の利点である「《力比べ》をサーチできる」というのはそのまま言っているだけじゃねぇか。
 如何に《ヘヴンリーイージス》を配置しても、《力比べ》がなくては片手落ち。アームレスリングでは握っている手だけではなく、もう片手も力をかけるには重要で、片手落ちではやっていられません。その《力比べ》をサーチできるのだから、《祈りの集約》は重要です。

 もうひとつの利点についてですが、通常《力比べ》と《ヘヴンリーイージス》を配置しようとした場合、先に《ヘヴンリーイージス》を出すパターンでは《力比べ》を安全に活かせる一方、それより前に守護フォロワーを出せていない場合は返しの相手の攻撃で負けてしまう可能性があります。現状だと《サハクィエル》+《バハムート》+《ゼル》なんかは9マナ13点だし、そうではなくても遅いデッキなら《グリームニル》なんかは採用しやすいので一撃では負けずとも4点以下まで落とされるとかなり危険。なので安全に事を進めたいと考えると、できれば《力比べ》は早めに出しておきたい。
 なので逆に先に《力比べ》を出すパターンでは《ヘヴンリーイージス》を出すときの安全性が高まりますが、《力比べ》がカウント2なのでこれでは1ターンぶんしか《ヘヴンリーイージス》+《力比べ》が機能しない。もう1枚《力比べ》があるならともかく、ない場合はそのまま押し切られてしまう可能性もあります。
 そこで《祈りの集約》なら、コストは踏み倒せるので8手目配置なら9手目に《力比べ》+《ヘヴンリーイージス》を達成でき、しかも《力比べ》が2ターン持続すると嬉しいことずくめ。

 実際採用するとなると、カウント3が《力比べ》は確定、カウント2以降はそれほど重視する必要はないので無視するとして、カウント4で何を出すかは大きな問題です。採用したいものとして、

  • 即時効果を発揮する
  • 相手の展開や攻撃を遅らせることができる

という要素が欲しいところ。
 
 一般的に4マナで「強い」とされるアミュレットは《神魔裁判所》ですが、これはファンファーレなので踏み倒した際に即時効果発揮ができず、弱い《詠唱:異端審問》なのが大きな問題なので、通常プレイでは強くても採用候補外。
 なので最初に目をつけたのはターン終了時に誘発する《アイアンメイデン》なのですが、実はコレも《祈りの集約》でサーチした場合にターン終了時の効果が誘発されず、結果次のターンの1回しか効果が発揮されない。どうも「終了時」というのがターンには1回しかなく、しかも処理は一度に行われるので「終了時」に「終了時」を出しても意味がないもよう(しかしなんか悪さできそうである)。

 最終的に採用したのが《詠唱:死の宣告》。カウント1なので相手が大きいフォロワーを展開していると非常に危険ではあるのですが、問答無用で2体落とせるため相手のさらなる展開を予防できる可能性が。相手のフォロワーが小さければ、6マナあたりから《詠唱:死の宣告》をし続ければ安全に9ターン目まで送れる場合もあります。


 そんなところで《祈りの集約》を採用したのですが、実際に使ってみると重いし、すぐに《力比べ》が出せるわけではないのでやや安定性が低いし、あんまり強くないのでは……と思っていたのですが、実は《祈りの集約》にはもうひとつ良い点が。
 それはデッキ圧縮ができるという点で、少なくとも1ターン後に出てくる《力比べ》が1ターンでも効果を発揮する3ターン後までに(対象を引ききっていなければ)2枚は圧縮できてしまう。
 このデッキ、《詠唱:聖なる願い》や《レディアントエンジェル》で圧縮はしているつもりではあるのですが、使ってみると《ヘヴンリーイージス》3枚積みでも20枚切ってまだ引かないというのはわりとあるパターン。
 計算してみると20枚引いて3積みのカードを引かない確率は20C3/40C3~12%なので、9試合に1試合くらいはありえると考えると、圧縮できるに越したことはない。

 というわけで《祈りの集約》は意味があるのだ――と無理矢理考えてみても、それよりは序盤~中盤の安定性を増させれられるほうが重要なような。まぁいいや。

《祈りの集約》以外は一般的な力比べイージスと(たぶん)それほど変わったところがありませんが、まぁ《スレッジエクソシスト》くらいでしょうか。
 8手目に《力比べ》を先出しする場合、残りの5マナで何か強い動きができるのが理想なのですが、《スレッジエクソシスト》ならとりあえず相手の強いフォロワーを処理でき、《力比べ》で擬似守護になるから、といったところ。8手目《祈りの集約》とは同時に出せないのが残念無念なのですが、10手目以降で相手の守護突破にも役に立つので悪くはない。

 というわけで駆け抜けたAランク最後、結果としてはこんなかんじ。


 海外出張から帰ってくる途中、眠気を堪えながら空港のWifiに繋いでプレイしていた後半がやけに回りが良うございました。
 現状の最大勢力であるドラゴンには回られると駄目で、それほど回らなかった場合でもイージスを出す直前の準備である8手目あたりで大型が出て来るのがだいぶん厳しかった。後半は疾走も多いし。ただまぁ《ウロボロス》を軽く消滅させられるので、普通のデッキよりは戦いやすい。

 有利かどうかはともかくとして現状の戦い方。

対イージスビショップ
先手を取る。後手なら8手目にアドを気にせず展開しまくって《テミスの審判》させたほうがお得だと思ってもらうしかない。

対ランプドラゴン
《ドラゴンナイト・アイラ》を出してくれるのを祈りつつ《漆黒の法典》か《鉄槌の僧侶》で消滅させ、大型は《詠唱:死の宣告》で抑止しつつ《ヘヴンリーイージス》まで頑張る。

対アグロネクロ
《詠唱:死の宣告》で抑止しつつ《テミスの審判》まで頑張る。

対カエルロイヤル
《詠唱:死の宣告》で抑止しつつ《テミスの審判》略。

対アグロヴァンパイア
《詠唱:死の宣告》で略。

 意外と《詠唱:死の宣告》が頑張ってしまう結果に。3積みでもいいかな。


 というわけでこんなかんじで力集めイージスで駆け抜けたA3。おかげさまでAAに上がったことでランク落ちの心配もなくなったし、さて《援護射撃》を使ったロイヤルに手を出すかーーと20戦ほどプレイ。結果。


 うむ、駄目だ。
 構築をミッドレンジ寄りにしたり、コントロール寄りにしたり、《援護射撃》を5手目で出したり、【指揮官】と同時に出せるまで待ったり、といろいろ試しましたが、ほぼ勝てない。

 自分はわりとトップメタではないデッキを使うことが多いですが、べつにトップメタだから使わないというわけではなくて、単に使いたいデッキを使っているだけで、なので結果として握るのがトップメタのデッキになることもあります(Carteの赤全盛期とか)。
 ただ多少落ちるデッキを使っていても、基本的にメタに上がっているデッキに対してはある程度(=回れば)勝てるようにと考えています。というか、回っても勝てない(相手が事故らない限りは勝てない)ようなデッキは勝負を捨てているので、作る意欲が湧かないというかなんというか。

 で、現状のメタはランプドラゴンとアグロネクロを中心に回っていると思うのですが、《援護射撃》を使うロイヤルは回ってもこれらに勝てない。

《援護射撃》で対応できないサイズになるドラゴンは当然厳しく、しかも高速でランパンしたあとは《援護射撃》を簡単に破壊してくる。
《バハムート》に対しては《レオニダス》がいちおう対策になって、返しの《レオニダスの遺志》+《レディオンセイバー・アルベール》でフィニッシュできる可能性はある(極端にPPが離されていなければ)けれど、《ライトニングブラスト》はどうにもならない。
 戦績見ると勝っていることもあるのですが、これはあくまで相手が上手く回っていないから勝ったわけで、こちらが回ったから勝ったというわけではない。

 ドラゴンよりは素直に価値が狙えるネクロに対しては、アグロの性質上守護を増やすことである程度対応できますが、それはつまりコントロールロイヤルの下位互換のような存在になってしまう。

 ようはミッドレンジやコントロールロイヤルより有利だといえる点がなく、むしろ《援護射撃》が足を引っ張ってしまっているのが大きな問題で、しかもTier2といえるイージスビショップなどにも勝てないので、《援護射撃》を使う意味がない。カエルロイヤルにはダメージが半端すぎて通じず、アグロヴァンパイアには当然遅い。
 少なくともランプドラゴンが鳴りを潜めて《バハムート》や《ライトニングブラスト》を警戒しなくても良くなるまでは《援護射撃》は封印したほうが良さそうだなーと思ったきょうのわんこなのでした。力集めイージスに戻るか、でなければクルト疾走でも作ってみようかなぁ。

0 コメント :

コメントを投稿

 
Toggle Footer