このウェブページは主にPCゲームのリプレイやプレイ日記などを取り扱うウェブログです。


■旧世紀網膜読書室

小説、リプレイ、プレイ日記、二次創作などのページです。

→『犬の一生』(北欧神話オリジナル)

→『心臓までダイヤモンド』(SFオリジナル)

→『かくもあらねば』 (Fallout: New Vegasリプレイ)

→『アメリカか死か』 (Fallout3リプレイ)

→『天国の前に』(Mount&Bladeシリーズリプレイ)

→『アマランタインに種実無し』(Vampire: the Masquerade Bloodlinesリプレイ)

→『ブロセリアンドの黒犬』/→『決戦前夜』/→『東京ローズ』(ラスクロ小説アトランティカ編)

→『生還の保証無し』/→『太陽の鴉』(ラスクロ小説天空編)

→『ペチコートを着た悪魔』/→『アニーよ、銃を取れ』(ラスクロ小説陽光編)


■旧世紀網膜映写場

ゲーム製作のページです。


■旧世紀網膜展覧会

面白かった小説や漫画、ゲームの関する感想文のようなもののページです。

いわゆるレビューに相当しますが、レビューと呼ぶにはあまりに無関係な話題に終始しているものもあるため、読書感想文のようなページという表現をとりました。

→『ラストクロニクル』 (フレーバー考察・英雄考察)

→『CARTE』 (ストーリー翻訳) 


■館長日誌

いわゆる普通のブログです。 


展覧会/『CARTE』/Ep5-1《三番目の火種》

 《エルビン・フォン・ベルクマン/Erwin von Bergmann》の旗のもとに集まった戦士たちは叛逆ともいえる革命を選択することになりましたが、彼らがそのような選択に追い込まれた理由は10年前の戦争にありました。  危機を機会に変え、絶望を希望に変えるために戦い、そして最...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、白紫粛清天使(クラシック)

 クラシックにおける現行のトップメタは間違いなく黒単と青紫でしょう。そして、トップメタが確定している状況であればそれに対抗するデッキが生まれるのは当然のこと。  黒単と青紫。2つのデッキに有利なデッキがあれば、それで覇権を取れる。ではそのふたつのデッキの弱点とは――そう、 ヒス...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、黒紫銅鑼ラランペイジ制圧(クラシック)

 《ウルスハの突風平原》。   何連敗だか既に数えるのを忘れるほどの連敗を脱出させてくれた (サーバー落ちたせいでカウントされてないけど) このカード 、敬遠してはいましたが実際使ってみると楽しいわけで(と言いながら前回のクラシックデイリー以来使っていないのですが)。 ...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、黒紫忍法魔界転生(クラシック)

 《風魔小太郎》。   ほほぅ……なるほど 、とかなんとか顎に手を当てて言いたいカードである。もしデッキを50枚【忍者】で構成すれば、1枚で常に4体のユニットが出てくることになるのです。ネズミ講なら完璧です。  とはいえただ【忍者】だけで組んでも、《風魔小太郎...

続きを読む »
 
Toggle Footer