このウェブページは主にPCゲームのリプレイやプレイ日記などを取り扱うウェブログです。


■旧世紀網膜読書室

小説、リプレイ、プレイ日記、二次創作などのページです。

→『犬の一生』(北欧神話オリジナル)

→『心臓までダイヤモンド』(SFオリジナル)

→『かくもあらねば』 (Fallout: New Vegasリプレイ)

→『アメリカか死か』 (Fallout3リプレイ)

→『天国の前に』(Mount&Bladeシリーズリプレイ)

→『アマランタインに種実無し』(Vampire: the Masquerade Bloodlinesリプレイ)

→『ブロセリアンドの黒犬』/→『決戦前夜』/→『東京ローズ』(ラスクロ小説アトランティカ編)

→『生還の保証無し』/→『太陽の鴉』(ラスクロ小説天空編)

→『ペチコートを着た悪魔』/→『アニーよ、銃を取れ』(ラスクロ小説陽光編)


■旧世紀網膜映写場

ゲーム製作のページです。


■旧世紀網膜展覧会

面白かった小説や漫画、ゲームの関する感想文のようなもののページです。

いわゆるレビューに相当しますが、レビューと呼ぶにはあまりに無関係な話題に終始しているものもあるため、読書感想文のようなページという表現をとりました。

→『ラストクロニクル』 (フレーバー考察・英雄考察)

→『CARTE』 (ストーリー翻訳) 


■館長日誌

いわゆる普通のブログです。 


小説ラスクロ『生還の保証無し』/時代2/Turn4《静寂のハンドベル》

7-147C《静寂のハンドベル》 静寂が支配する極北の夜には、流れゆく時や物事の因果までが凍りついてしまう。   新たな召喚英雄 の出現。  それが《アーネスト・シャクルトン》という 探検家である ということ。  ヘインドラ、 メルク氷海での精霊力...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、青紫四面CBソング(天空)

 《折れ角の暴風 モル・ガド》。  《雷縛術師》。  《壊嵐の獣 オグ・シグニス》と《壊嵐の眷属》。  《オグ・シグニスの壊嵐》。  《怒涛の投げ斧使い》。  思えば紫のサイクルは残念の歴史でした。 半分くらいは《壊嵐の獣 オグ・シグニス》のせいだ 。  そして そ...

続きを読む »
展覧会/『ラストクロニクル』/召喚英雄考察 -第8弾白橙紫

白 《シンデレラ》 橙 《ギルガメッシュ》 紫 《八岐大蛇》 《芭蕉扇》 8-001S《シンデレラ》 民話/童話  筆舌につくしがたい悲劇から、幸福が芽生えることはある。それは力強く、目がくらむような花を咲かせ、青あ...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、白紫粛アブソーバー(クラシック)

 粛清ですね夏ですね。   というわけで 《雷皇の大粛清》です。  天空編2に入り、《雷皇の大粛清》と組み合わせるのに 「こ……これはっ! これはっ! はっ! はっ!」 となるカードが登場しました。  《万巻の歴史家 ロディチ》です。  このおっさんがどう《...

続きを読む »
小説ラスクロ『生還の保証無し』/時代2/Turn3《海難》

7-143R《海難》 空でも海でも、運不運の波というものは存在する。 『みなさま、お元気でしょうか。  こちらメルク氷海は非常に荒れ狂っており、船はよく揺れています。ですがいまは波穏やかで安定しており――』  《青氷の神軍師 ミュシカ》は書きかけの手...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、青白シンデレラワークス(天空)

 みゅしみゅししたいと考えて早幾日。  《青氷の神軍師 ミュシカ》の登場によって、《極海の宝声 アイネ》+バウンスで臨機応変にテンポを取りながら殴る青単を組みたくなった昨今なのですが、ひとつ問題が。  というのも、 天空編の青には1マナで殴れるろくなユニットがいない のです...

続きを読む »
小説ラスクロ『生還の保証無し』/時代1/Turn2 《氷獄の大公主》

8-104R《氷獄の大公主》 ヘインドラでは、氷獄という冷気の地獄の存在が信じられている。そこに住む氷精たちを統べる主は、悪魔のように美しいという。 「剣王、ご無事ですか!?」  氷雪騎士を退けたあとになってようやく登場した、エシャローテの護衛騎士たちは...

続きを読む »
日誌/ラスクロ、白紫光碧ジャベリン(天空)

 先日 光碧デッキ と戦う機会がありました。  感想としては、 いやぁ謙信公面白い 。相打ち上等だわ、《ファフニール》の弾になるわ、塩投げるわでもうすこぶる越後の龍で川中島。超毘沙門天。   違った。  えー、なんだっけ、光碧の感想ですが、 バイオゴリラ 《赤マントの栄...

続きを読む »
 
Toggle Footer