このウェブページは主にPCゲームのリプレイやプレイ日記などを取り扱うウェブログです。


■旧世紀網膜読書室

小説、リプレイ、プレイ日記、二次創作などのページです。

→『犬の一生』(北欧神話オリジナル)

→『心臓までダイヤモンド』(SFオリジナル)

→『かくもあらねば』 (Fallout: New Vegasリプレイ)

→『アメリカか死か』 (Fallout3リプレイ)

→『天国の前に』(Mount&Bladeシリーズリプレイ)

→『アマランタインに種実無し』(Vampire: the Masquerade Bloodlinesリプレイ)

→『ブロセリアンドの黒犬』/→『決戦前夜』/→『東京ローズ』(ラスクロ小説アトランティカ編)

→『生還の保証無し』/→『太陽の鴉』(ラスクロ小説天空編)

→『ペチコートを着た悪魔』/→『アニーよ、銃を取れ』(ラスクロ小説陽光編)


■旧世紀網膜映写場

ゲーム製作のページです。


■旧世紀網膜展覧会

面白かった小説や漫画、ゲームの関する感想文のようなもののページです。

いわゆるレビューに相当しますが、レビューと呼ぶにはあまりに無関係な話題に終始しているものもあるため、読書感想文のようなページという表現をとりました。

→『ラストクロニクル』 (フレーバー考察・英雄考察)

→『CARTE』 (ストーリー翻訳) 


■館長日誌

いわゆる普通のブログです。 


日誌/120116-120129

『世界樹の迷宮』リプレイ用レンジャー。 物理アタッカーが2人(うち1人はよく死ぬ)、ブロッカーが1人、サポーターが1人、ヒーラーが1人というパーティーで貴重なダメージソース。ダブルショット主体なのでTPの効率が悪いのが欠点。 我慢しようかと思いましたが、最近FPSやりたくなっ...

続きを読む »
no image

世界でいちばん冷たいところ/用語集 AIレベル(ええあいれべる) 人工生命対に関して、人間にどれだけ近いかの度合いを表現するために導入した物差し。人間が100であり、人工生命はすべからくそれ以下とされる。 あくまで物差しなので、人間より賢い人工生命でも、100には届かな...

続きを読む »
no image

世界でいちばん冷たいところ/オープニング (暫定版) 4ケルビンの宇宙は冷たい。 『寒いですか?』 モニターに現われる文字に対して、「少し」と彼は答える。 「あとどれくらいだ?」と彼は尋ねる。 『もうたいしてありませんよ。あなたが眠っている間に航海の大部分は消化しまし...

続きを読む »
no image

2 世界樹の迷宮地下一階 (と称されているらしいが、実際に地下であるのかどうかはわからない。なにしろ陽が射し込んでさえいるのだ)、 エレベータ (なのか技師の言う通りワープ装置なのか、それとももっと単純な乗り物なのか)から1分と歩かずに武装をした人物に出あった。中世の絵画で見る...

続きを読む »
天国/03/09

174日目 血みどろ である。 ノルド王国に士官してから早、4ヶ月。セドたちは サラン朝、 ウィーヤ城 にいた。現在サラン朝はノルド王国だけではなく、ロドック王国に対しても戦争を仕掛けている。大してノルドは先日まで相対していたカーギット・ハン国と停戦条約を結び、目下のところ...

続きを読む »
天国/03/08

42日目 勝った。 傭兵が、正式な軍隊に。しかも2倍近くの兵数を抱く軍勢に、 勝利した 。数の差をものともせずに、 蹴散らした 。 それは時と場合によっては輝かしいことではあったであろう。 しかし ここはベージャー王国の領土 であり、敵は ベージャー王国の貴族 であった...

続きを読む »
no image

7 「肩凝った」 執政院ラーダでのギルド登録手続きを済ませ、外に出たノルン・セカンド・ナンバーツーの乗員らの第一声は、 技師 のそんな言葉だった。 「 お役所仕事が面倒 なのはどこも同じだね」と ドクター 。 「あのおっさんが全部やってくれたもんだと思ってました」 ...

続きを読む »
アメリカか死か/10/04 Our Little Secret-4

 Jamesが向かったのはSmith家の向かいの Wilson家 、ではなくその さらに奥にあった小さな小屋 だった。 (こんなところに小屋があったのか………)  Jamesはちょうどその扉に手をかけ、開けようとしているところだった。  この小屋は何なのだろう と、...

続きを読む »
日誌/111223-120112

久しぶりにPSPでゲームやってます。御神楽少女探偵団。 面白い。インターフェイスがアレなこと以外は満足です。 やっぱりこういう大正浪漫な活劇は良いね。明智小五郎シリーズとか好きでした。蘭子はもっと女装して欲しい。あと巴が平気な顔して拳銃ぶっ放すので怖い。 ちなみに怪...

続きを読む »
天国/03/07

35日目 突然の休戦は、セドたちにとっては ほとんど事故 のようなものだった。 しかしいかに予想を超えた出来事とはいえ、 カーギット・ハン国のベリール卿の依頼達成を失敗した という事実は揺らがなかった。 セドのような傭兵が貴族の信頼を得ることは難しい。 が、一方で 信...

続きを読む »
 
Toggle Footer