このウェブページは主にPCゲームのリプレイやプレイ日記などを取り扱うウェブログです。


■旧世紀網膜読書室

小説、リプレイ、プレイ日記、二次創作などのページです。

→『犬の一生』(北欧神話オリジナル)

→『心臓までダイヤモンド』(SFオリジナル)

→『かくもあらねば』 (Fallout: New Vegasリプレイ)

→『アメリカか死か』 (Fallout3リプレイ)

→『天国の前に』(Mount&Bladeシリーズリプレイ)

→『アマランタインに種実無し』(Vampire: the Masquerade Bloodlinesリプレイ)

→『ブロセリアンドの黒犬』/→『決戦前夜』/→『東京ローズ』(ラスクロ小説アトランティカ編)

→『生還の保証無し』/→『太陽の鴉』(ラスクロ小説天空編)

→『ペチコートを着た悪魔』/→『アニーよ、銃を取れ』(ラスクロ小説陽光編)


■旧世紀網膜映写場

ゲーム製作のページです。


■旧世紀網膜展覧会

面白かった小説や漫画、ゲームの関する感想文のようなもののページです。

いわゆるレビューに相当しますが、レビューと呼ぶにはあまりに無関係な話題に終始しているものもあるため、読書感想文のようなページという表現をとりました。

→『ラストクロニクル』 (フレーバー考察・英雄考察)

→『CARTE』 (ストーリー翻訳) 


■館長日誌

いわゆる普通のブログです。 


日誌/110614-110618

明日から10日ほど、また観測のために南のほうへ行ってくるため、その間更新はありません。 先月撮った写真とか。 フラップが意外と折れないなー、とか思ったりしてた。帰りは低気圧だったのですが、ぶれずに降ろしててANA凄いなー、と思った。 海が綺麗。虹も出た。 酷い造...

続きを読む »
no image

展覧会のページで書いてはいるが、念のためもう一度。 この展覧会で取り上げる作品というのは面白い、楽しい、好きだという作品である。嫌いな作品だったらわざわざエネルギーを費やして文章を興す気は起きない。好きな作品だから宣伝したいのだ。前置きはこれくらいにして。 ■サイレント・ア...

続きを読む »
天国/02/00

0日目 ウルはシルリムの体毛と同じく真っ白な鬣を撫でた。彼女はウルが子どもの頃からともにステップの草原を駆けた親友のような馬だ。 彼女の背には鞍のほかに、交易品や食料などの荷物が括り付けられている。これからウルは彼女とともに旅に出るのだ。 はるかかなたの地で産声を上げて後...

続きを読む »
天国/01/07

7 ランはしかし、完全に税を取り立てることはできなかった。 プラヴェンは豊かな街だが、郊外へ行けば外壁があるかないかの違いだけで、ほとんど寒村さながらの場所もある。豊かな街であるというのが彼ら農民の足枷となっていた。高い税収を納めきれないのだ。 税の軽減を懇願する農民たちを...

続きを読む »
天国/01/06

6 捕虜となったランが自力で逃亡してきた ことを聞いたスワディア国の王、ハルラウスは喜ぶ様子を見せた。おそらくランの身代金を渋って彼女が殺されるか売られるかし、周辺国や傭兵たちから非難の視線をかけられるのが厭だったのだろう。 「まぁそう気を落とすな」 とハルラウス王は軽い...

続きを読む »
天国/01/05

5 圧倒的な数の差 の前に敗北したランはいちおうはスワディア王国の将ということで捕虜の中でも別格の扱いだった。さすがに自由に歩き回るということはできなかったものの、三食食べられてぐっすり眠れるという、行軍中に比べれば遥かに良い待遇だった。 しかしいつまでもこの扱いで通るはず...

続きを読む »
天国/01/04

4 「 女が雇い主 だと、これだから困る」 「まったくだ。仕事はつまらんことばっかりだし、規律に五月蝿いし、しかも払いは悪いときた」 ウェルチェクのプタールを殺してデリナルド卿へと報告し、それから治安維持のために国境付近の警備をしていたところ、そんな声が傭兵たちの中から聞...

続きを読む »
日誌/110605-

エルフーン可愛すぎてタマゴ産ませようと思ったらなかなか産まないので、できるだけ頼らないようにしてた攻略情報に頼る。産ませる。モンメン。あ、そうか、たいようのいしがないとエルフーンに進化しないんだ。たいようのいしってどこで売ってるんだろう。 今のところ最終メンバーとして、 ...

続きを読む »
アメリカか死か/02/02 Escape!-2

(Dave共和国……?)  なるほど 子供の悪戯か 、とLynnは思った。Dave共和国なんて国は聞いたことがない。  つまり子供が 「王様ごっこ」 をやっているのだろう。共和国なら君主は存在しないはずなので王様ごっこではなく議員ごっこになるが。声は明らかに子供のそれ...

続きを読む »
アメリカか死か/02/01 Escape!-1

Escape! ホワイトマンにはレッドマンから土地を取得する権利はないと言っているのだ。最初からの所有者はレッドマンであり、レッドマンのものなのだ。売ってもよい。が、それには部族全体の同意がいる。全員が賛成しないものは無効なのだ。 (ショーニー族の酋長テクムセの抗議文...

続きを読む »
天国/01/03

3 「なぜおれがプライス卿に金を返さなきゃならん? それも 4000ディナルも 」 「それはあなたが 彼からそれだけの金額を借り入れているから です」 目の前の金髪の男の言葉を聞きつつ、ランは少しほっとしていた。いちおう貴族でも金は渋るらしい。金銭感覚はおかしいが、感...

続きを読む »
天国/01/02

2 ケデルケの村から逃げ出すように、ランは近隣の城まで馬を走らせた。カーギット=ハン国の軍旗がはためく ウヌズダク城 だ。 まだ朝早かったため、城の中に入るのは難しいだろうと思ったランは、野外で食事をすることにした。といってもケデルケの村にほとんどのものを置いてきてしまった...

続きを読む »
天国/01/01

1 ( 酷い村だ ………) ラン は厩に馬を繋ぎながらそう思った。 ケデルケ というこの村の家屋は荒れ果ててぼろぼろで、人々の様相も荒んでいる。子どもは痩せこけており、見るに耐えない。衣食住のどれもが欠けているようだ。その理由が干魃や大雨といった自然災害によるものではないと...

続きを読む »
天国/01/00

 0 拝啓 旦那さま 突然のことで申し訳ありません。 ですがこの異国の地、戦うことしかできないわたしにはこのような形ででしかご恩をお返しすることはできません。 はるかかなたの地で産声を上げて後、何年もが過ぎた。 あなたの父は…… 没落した貴族 あなたはこの世...

続きを読む »
アメリカか死か/01/01 Baby Steps

第一行 Baby Steps 「お前が大人になったら、何よりも勇気こそが男の男たるゆえんであることを忘れぬように。 いったん戦に向かう道に足を踏み入れたら、いかなる用事があっても、途中で引き返してはなりません。いったん目的地まで行って、それから引き返しなさい。 (...

続きを読む »
日誌/110526-110604

観測等で忙しかったこともあって映写場(ゲーム製作)が全然進まなかった5月。 というかいまだにエディタさえ決まっていないって何さ。まぁシステム部分はSmultron(Mac)で書いているから今はエディタなくても書けるけど、そのうちあったほうが良くなるだろうしなぁ。 6月は進むと...

続きを読む »
 
Toggle Footer